oosama burannti「王様のブランチ」ブックアワード2013の大賞に木皿泉さんの『昨夜のカレー、明日のパン 』河出書房新社刊が選ばれました!国母店のおすすめで推していた担当者はとても喜んでいます。

 

悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ―。七年前、二十五才という若さであっけなく亡くなってしまった一樹。結婚からたった二年で遺されてしまった嫁テツコと、一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフは、まわりの人々とともにゆるゆると彼の死を受け入れていく。なにげない日々の中にちりばめられた、「コトバ」の力がじんわり心にしみてくる人気脚本家がはじめて綴った連作長編小説。

 

発注情報入力